今年の「このミス」が発表!どんな作品が選ばれたのかチェックしよう

黒牢城
米澤穂信
1,760 KADOKAWA

本能寺の変より4年前、天正6年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は囚人にした織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の集大成。『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。

テスカトリポカ

佐藤 究/¥2,310(税込)

機龍警察白骨街道

月村了衛/¥2,090(税込)

兇人邸の殺人

今村昌弘/¥1,870(税込)

蒼海館の殺人

阿津川 辰海/¥1,210(税込)

invert 城塚翡翠倒叙集

相沢沙呼/¥1,925(税込)

忌名の如き贄るもの

三津田 信三/¥2,035(税込)

六人の嘘つきな大学生

浅倉秋成/¥1,760(税込)

硝子の塔の殺人

知念 実希人/¥1,980(税込)

ヨルガオ殺人事件 上・下
アンソニー・ホロヴィッツ
1,100 東京創元社

『カササギ殺人事件』から2年。ホテルを経営する元編集者のわたしを、英国から裕福な夫妻が訪ねてくる。彼らのホテルで起きた殺人事件の真相をある本で見つけた──そう連絡した直後に娘が失踪したというのだ。その本とは名探偵アティカス・ピュント・シリーズの『愚行の代償』。それは、かつてわたしが編集したミステリで・・・。 『カササギ殺人事件』の続編にして、至高の犯人当てミステリ。

自由研究には向かない殺人

ホリー・ジャクソン/¥1,540(税込)

スリープウォーカー

ジョセフ・ノックス/¥780(税込)

父を撃った12の銃弾

ハンナ・ティンティ/¥2,420(税込)

台北プライベートアイ

紀蔚然/¥1,980(税込)

オクトーバー・リスト

ジェフリー・ディーヴァー/¥1,045(税込)

彼と彼女の衝撃の瞬間

アリス・フィーニー/¥2,035(税込)

木曜殺人クラブ

リチャード・オスマン/¥2,310(税込)

硝子の塔の殺人

デイヴィッド・ピース/¥2,750(税込)

※店舗によって取り扱い商品が異なります。

←TOPページへ戻る